渡る世間は修羅場だらけ


カテゴリ: 修羅場

自分が修羅場だと思うのは中学生の時。

夕方、塾の帰り道で金髪のケバい母親らしき女と大人しそうな女の子が、信号近くにも関わらず信号がない所で道を渡ろうとしててそれを危ないと思いながら見ていたらそれなりにスピードがあるトラックが黄色信号でやってきた。

そんな時に女の子だけが道を渡ろうとするから、思わず危ないって叫びながら近付いた。

でも隣にいる母親らしきケバい女はそんな女の子を止めようとせず眺めてただけだったから、自分しか女の子を止めに行く人がいなくて、そのまま女の子の腕を掴んだら俺が轢かれてしまった。 【当たり屋の身代わりになった】の続きを読む

何年か前のことだが、寝室をリフォームすることにした。

そしてあるリフォーム会社に見積り(無料)をお願いした。

そのリフォーム会社の見積りの人は寝室の見積りをしてくれたんだが、不自然なくらいに素早かった。

ベテランで仕事が速いってことなのかな…と俺は思った。

しかし寝室の見積りが終わるなり、急に

「ちょっと風呂場見せていただけますか?」

と言った。
【欠陥住宅】の続きを読む

スーパーの駐車場に車を止めて、店舗に入ろうとしたら100mくらい横に車が降ってきた。

かなり離れてたけど、地面が揺れて衝撃で転んだ。

何バウンドもしながら、いろんな部品が飛んできて近くに同じように座り込んでいた女性に当たってその女性は倒れた。

慌てて這いながら近寄ると、女性は子供を守るように抱えていた。

子供は無傷だった。
【空から車が降ってきた】の続きを読む

ものすごい怖い新聞の勧誘にあったこと。

長くなるけど本当に怖かったので吐き出し。

今日の夕方、晩御飯の支度をしてたら玄関のチャイムが鳴ったんだけど、手を洗ったりモタモタしてる間に帰ってしまった。

1時間後にまたチャイムが鳴って、出たら若い男(なぜかすごいビール臭い)がいきなり

「僕神戸から3ヶ月研修でこっちに来てて今日で最後で」

と捲し立てながら洗剤2箱と発泡酒6本を次々渡してきた。
【新聞の勧誘が怖かった】の続きを読む

フェイク多少在りです。

当方バイク乗りなのですが、小遣いなどをやりくりして大型バイクを買うために貯金していました。

正直中型でもさほど問題はないのですが、周りのバイクスキーな友人は皆大型。

しかし自分の趣味の為に家に負担をかけるわけにもいかないので、負担がかからないように長いスパンでお金を貯める事にしていました。

去年やっとこさ100万の大台に乗って、中古でもいいから大型バイクを買おう!と思い知り合いのバイク屋へ。
【バイクを盗もうとしたキチママ】の続きを読む

躾られないで大人になるって怖い…。力も強くなるし。 

姉が海外在住で誕生日にランプを送ってくれたんだけど自宅でそれを見た義姉の娘が(8才)欲しいと言い出し、義姉が

「娘が欲しがってるから…いい?」

と持って帰ろうとするから 誕生日に海外からはるばる送ってもらった品だからと断った。
【叱らない育児】の続きを読む

オーストラリアに旅行に行った友人夫婦がいるんだが、旅行期間中にバレンタインデーがちょうど重なったようだった。

因みにこの夫婦が滞在したのはキッチンや風呂がついている小さめの家で、1ヶ月ほどそこにいた。

奥さんがイベントや記念日をすごく大切にするタイプで、バレンタインデーも毎年チョコは勿論時計やネクタイなどをあげていた。

このオーストラリアへの旅行中もどうしてもチョコをあげたかったらしいが、オーストラリアの2月は真夏でチョコが溶けるので奥さんは悩んだようだ。 【オーストラリアでバレンタイン】の続きを読む

私が住む地方は豪雪地帯で、毎年冬にはm単位の雪が積もります。

そんな冬の日の出来事です。

その時 私は深夜のバイトを終えて帰宅中でした。

静まりかえった住宅地にはギュッギュッと雪を踏みしめる私の足音が響くのみで、少々心細かった私は足を速めて家路を急ぎました。

すると、それまで雪を踏みしめる音しか聞こえなかった私の耳に「ズズッ」と何か重い音が聞こえ 私は歩みを止めて辺りを見回しました。 【雪崩に埋もれた】の続きを読む

家に据え置き型の小さな金庫があった。

祖父が商売やってた頃に買った物で、買ってすぐに祖父は体調を崩し商売をやめてしまったので、ほとんど使ってない。

実際ピカピカ。

でも店を引き払うどさくさでナンバーがわからなくなってしまってて、開いてるんだけど閉めてダイヤル回しちゃったらもう開かない状態。
【金庫を知人に譲った】の続きを読む

このページのトップヘ