渡る世間は修羅場だらけ


カテゴリ: 修羅場


先週、職場結婚したカップルの披露宴に、同僚一同で出席してきた。 
披露宴最中、司会者からの「子供は何人欲しいですか」という質問に、新郎は 
「何人でもいいけど、絶対女!自分にメロメロな娘から『パパと結婚するー』と言われるのが夢!」 
と言い切って、式場ドン引き。 

【パパと結婚するー】の続きを読む

334 :
結婚式場から披露宴会場に移動するときに、新婦の6歳の弟が泣いていた。 
新婦母がわけを聞くと、新郎のおじに 
「本当に新婦母が母親なのか、本当は新婦が母親なんじゃないか」 
と聞かれて、お母さんは本当のお母さんじゃないのかもしれない! 
とパニックになり泣いてしまったと。 

【6歳の弟が泣いていた】の続きを読む

282 :
昨年の従妹の結婚式 

8月に挙式のみで披露宴はやらないって事で 
親戚・友人関東から 軽井沢に新幹線で参列(お車代無し) 
新郎家と合わせて親戚(13家族)・友人(50人)からご祝儀を 
もらったみたい(ちなみに8月は出会った月らしい) 

【従妹の結婚式】の続きを読む

33 :
以前招待された披露宴だけど、新郎友人にIT業界の人(自称)がいた。 
具体的に何をしているのか、説明されてもちんぷんかんぷんだったが、なんでも大変多忙な身なのを 
無理に時間を作って出席してやった、と恩着せがましく何度も何度も話していた。 

【IT業界の人(自称)】の続きを読む

60 :
従姉の披露宴のとき。 
新郎新婦ともに医者(新郎は大学病院の脳外科、新婦は個人病院の産婦人科) 
祝辞のときに、新郎上司である大学教授が、新郎がいかに優秀な医者であるかを語ったあと 
「新婦も仕事は忙しいとは思うが、新郎の仕事は一分一秒が生死を左右する責任ある仕事。 

【新郎新婦ともに医者】の続きを読む

このページのトップヘ