渡る世間は修羅場だらけ


カテゴリ: 修羅場


807 :
職場の人から聞いた不幸な結婚式のお話。 

ロシアがまだソ連だった頃のお話。新郎は超エリート官僚。新婦はお嬢様。 
だれもがうらやむお式だと思われたのですが主賓(上司)がスピーチで爆弾発言。 
「新郎君は来月シベリアへの栄転が決まりまして。ご夫婦で頑張って下さい」 
当時のソ連と言えば今の北朝鮮と同じようなイメージ。しかもシベリア。 
おまけにこの栄転(?)話、まだ内内示の状態で新郎自身も知らなかった話。 
おめでたい披露宴で突然そんな話を聞かされてしまい、わっと泣き出す新婦。 
呆然とする新郎。 
結局新婦はシベリアにいかないまま、離婚したらしい。 


【新郎君は来月シベリアへ】の続きを読む


793 :
先日ケコーンした友人の披露宴での出来事! 
「新婦の大好きな歌です!」と紹介する司会者の声にあわせ、 
しっとりしたバラード(英語Ver)に乗って新郎新婦が登場! 
笑顔を振りまく新婦のバックで流れている歌詞を訳したらビクーリ! 
「私はあなたの思うような女じゃないわ♪」 
「初めから解かっていたの。あなたは本当の私を知らない・・・♪」 
「いつか笑顔でサヨナラが言えるその日まで♪♪」 
英語を解かる人が居ないことを祈りました。。 

【新婦の大好きな歌】の続きを読む


777 :
そういえば最近幸せそうな結婚式が少ない。 
新郎新婦のどちらか一方、あるいは両方がイヤイヤってのが多い気がする。 
スマイルスマイル 

778 :
私も、「そんな顔しているのなら、ご祝儀返せ!」って思ったことがある! 
結局、式場から別々に帰り、そのまま同居することなく離婚…。 



【最近幸せそうな結婚式が少ない】の続きを読む


659 :
先日、出席した結婚式。 
新郎友人が、新郎の顔を、ケーキに押し付けた後、 
なんと!新婦にまでやってしまった、絶句。 
新婦側の出席者としては、そいつらを殴ってやりたかった。 
その後、新婦は化粧直しをして、半分泣き顔ながら、 
必死に笑顔を作っていた。けなげだった。 
今でも、腹が立つし、泣けてくる。 

【ケーキに押し付け】の続きを読む


641 :
不幸を超えて喜劇になってしまった出来事なら・・・ 
友人結婚式で新郎側の主賓が挨拶のとき 
お辞儀をしたら、ズラがずれた(笑)。本人は全く気が付きもしない。 
新郎の会社社長で、当然その会社の人たち多数出席していたんですが 
その人たちはもちろん、一同ビックリ!!!!! 

【不幸を超えて喜劇】の続きを読む


624 :
新入社員の女の子、入社時点で結婚が決まっていて 
入社して三ヶ月ほどで式を挙げた。 
(結婚しても続けやすい会社なので) 
結婚式→披露宴→二次会→帰宅 で 
翌朝起きたら 旦那になった人が隣の布団で帰らぬ人となっていた。 
飲めないのに飲まされて 急性アルコール中毒になったらしい。 
気の毒すぎて しばらく声をかけれなかった。 


【翌朝起きたら】の続きを読む

このページのトップヘ