渡る世間は修羅場だらけ


カテゴリ: 修羅場


124 :
元同僚のヴィトン好き女、婚約寸前の彼女がいる男に色気攻勢しかけて 
見事出来婚に持ち込みました。 
その披露宴に、元カノも招待されてました・・・ 
仕事の絡みもあるので招待されても(立場的には)不思議はないんだけど 
でもフツーそりゃないだろう、何考えてるんだ馬鹿新郎、と同僚一同腹を立てたのですが。 
事情を知る友人がこっそり耳打ちしてくれたところによると 
新婦の方が嫌がる新郎を説き伏せ「絶対に彼女を呼んで」と押し切ったんだそうです。 
そして、呼ばれた元カノも意地で出席。 

【絶対に彼女を呼んで】の続きを読む


91 :
私の周りは、何故か10月10日に結婚する人間が多い。 
しかも、従兄弟(父方)→金銭問題で年上妻に愛想つかされ離婚 
    従兄弟(母方)→妻が若い男と浮気して妊娠、発覚、修羅場の末離婚 
    実妹     →夫の暴力と姑の異常な干渉に3ケ月で別居、2年後やっと離婚 
親戚ばかりかと思っていたら、最近学生時代の友人から、離婚転居葉書が。 
結婚前勤めていた会社の同僚も、別居したらしいし… 
何かあるのか?10月10日!! 

【10月10日】の続きを読む


87 :
再婚女、初婚男、男性の実家近くでお披露目をする 
「いいんだよいいんだよ、古いものには味があるから」 
「いいんだよいいんだよ、、**が(男性)がよけりゃ」 
「いいんだよいいんだよ、お腹の子のためだ、で、誰の子だね」 
妊婦だった新婦、、口は笑っていたが涙目だったよ。 
「2度あることは3度あるっていうしな、、気に入らなくなったらすぐ、、な」 
男性親族みんなこんな風だった。 
「妹いるのか、、そっちは新品だな、、もう遅いか、、」 
幸せにやってるのか?すごく心配だ。 

【いいんだよいいんだよ】の続きを読む


680 :
料亭で働いていた時のこと。 
結婚を控えたカップルが親族の顔合わせで食事会をした。 
新郎側の叔父とか言う人が最初からかなり酔いまくり、 
自分が上座じゃ無いと言う事でキレまくっていた。 
その席の支払いは若いカップルがすると言う事で 
皆飲み物等は遠慮して安い物を飲んでいたのだが、 
その叔父は高い日本酒をばんばん飲みまくっていた。 

【高い日本酒】の続きを読む


21 :
結婚式・・・というか二次会で。 
新郎新婦共通の友人が、二次会の企画を立てて、披露宴組もそのまま合流。 
まぁ、新郎側の友人は普段から結構悪乗りする人が多かったんだけど、 
やってくれたよ…って感じでした。 
お金を出し合ってのプレゼントは、どこかでもガイシュツの 
Hな下着と大人のおもちゃ(幹事の悪乗り)。 
新婦側は引くことこの上なし。顔を引きつらせながら「ありがとう…」という 
友人(新婦)の顔はいまだに忘れられない。 

【私、○○の事好きだった】の続きを読む


963 :
結婚式じゃなくて、二次会のお話でもよろしいでしょうか。 
酔った新郎の友人が、新郎が婚約中に浮気してた事を暴露しますた。 

新郎は3人と浮気したそうで、最悪な事にそのうちの一人は二次会の会場にいました。 
ちなみに、二次会に来た浮気相手は新郎の職場の同僚で、新郎を本気で好きに 
しまったらしく、気持ちに踏ん切りをつける為に敢えて出席したようでした。 
そして彼女はその事を、例の酔った新郎友人に相談していたみたいです。 
その相談が悲劇を引き起こしたのです。 

【新郎が婚約中に浮気】の続きを読む


949 :
「結婚したい人がいるの」と母に打ち明けた所、相手の名前も聞かず猛反対。 
父のとりなしでようやく彼のプロフィールを説明させてもらうも母は終始沈黙。 
それから1週間、まあ子離れしない人だけど、ゆっくり説得すればと思った矢先、 
母から電話が・・・ 
「あんたの相手のその男の出身大学とやらに問い合わせの電話かけたわよ。 
 確かに卒業生ではあるみたいね。でもそれだけじゃ信用できないからね。」 
って、オカアタン・・・ 

半年後くらいにここに自分の結婚式を紹介することになるかもしれません。 
私が書かなくとも、彼側の出席者の誰かが書き込んでくれることでしょう。鬱。 

【相手の名前も聞かず】の続きを読む


923 :
さっそくですが、先日出席した高校時代の友人の結婚式。 
友人(新婦)が仕事の関係で上京してから疎遠になっていたけど 
高校時代つるんでいた他3人と一緒に招待された。 
新郎新婦はネットで知り合ったということで、その関係の 
チャット仲間が多数「友人」として招待されていた。 
それはいい。だが、その服装が凄まじかった。 

【チャット仲間が多数】の続きを読む


843 :
目撃しました、喜びにちっとも満ちていない結婚式。 
いや、ビデオで見せてもらったのですが・・・ 
花嫁40歳、花婿42歳の見合い結婚。しかし花嫁は 
そのトシにしてなお、本当は結婚したくなかった 
らしいのですが、花嫁の母の強引な説得と将来の 
不安から、最後に妥協し話を飲んだ結婚だったとこ 
こと。
【喜びにちっとも満ちていない】の続きを読む

このページのトップヘ