二十年以上前の、私と両親の修羅場。

まだ私が幼稚園児の頃、両親、私、弟の四人で大きな公園に出掛けた。

そこには沢山の遊具があり、私たち姉弟ははしゃいでいた。

その遊具の中に、滑車がついたロープに掴まって支柱に張ってあるロープの間を滑って遊ぶものがあった(説明が下手ですみません)


私たちはこれが大好きで、何回も滑って遊んでいた。

そのうち、父親が滑り始めのときに勢い良く押し出してくれた。

スピードがアップして滑っていくので、私たちは大喜び。

それを見た父は、今度は思い切り力を入れて私を押し出した。

物凄い速さで滑っていく私。

怖い、速い、どうしようと思っていると、気が付けば目の前に砂だらけの地面があった。

両親から後から聞いた状況によると、滑車はロープが張ってある対岸の支柱に激突。

私はその衝撃で放り投げられ、そのまま頭から落下。

再度地面でバウンドして、今度は顔から落下。

数秒間泣かず、動かなかったため、両親は私が死んだと思ったそうです。


その後、私が大泣きしたため、急いで私を背負って管理室に走り、救急車で病院へ。

頭を強打していることから、脊髄の損傷と脳へのダメージの可能性があったらしく、そのまま入院。

入院中は絶対に首を動かさないこと、起きあがらないことを告げられた。

その入院中も、吐いたら脳へのダメージがある可能性があると医師に言われているのに、父の前で嘔吐したり(単に空腹過ぎるときに食事して気持ち悪くなった)私が寝ている間は寝返りをして動かないように、母が一晩中押さえつけたりと、両親にとっては修羅場の連続だったそう。

その後、私は特に後遺症もなく数日後に退院し、元気になりました。

それでも両親は、退院後も顔の傷は跡が残らないか、頭を打ってハゲたところに髪の毛は生えてくるか、頭痛は後遺症かと心配は絶えなかったそうです。