片側一車線の道路の歩道をゆっくり自転車で漕いでたおじいさんに、
横路から猛ダッシュで跳び出した大型犬が思いっきり衝突しておじさんがふっ飛ばされてた。
犬はそのまままた横路にいる飼い主の所まで戻って来た。



飼い主は一部始終見てた癖に知らん顔で逃げようとしたから、
自分がおじさんが犬に当たって倒れていることを飼い主に知らせ、
何が起きたから理解できていないおじさんにその犬が当たって飼い主は向こうにいると知らせた。
おじさんはすぐに置きあがって飼い主に文句を言いに行っていたけど、
飼い主に思いっきり睨まれた。目撃者として付き添った方がいいかと思ったけど、
自分も急いでたからそのまま行ってしまったけど。
一歩間違えたら道路に吹き飛ばされて車にはねられたかも知れないのに、
飼い主はよくも知らん顔して逃げようとするわとあきれた。