先ほどバレンタインにチョコを作ってあげた話をしていたら、
同席していたあんまり付き合いのない知り合いが、
「えー!手作りチョコって言っても溶かして固めるだけでしょ?」と言った。


それだけなら「ずうずうしい」話じゃないのだが、
「だから、もう一回作る気ない?私、バレンタインにチョコは本命にしかあげたくない人なんだけど、
私から欲しいって人は結構いるんだよね!でもわざわざ良いチョコ渡してあげるのも、どうでもいい人のために手作りするのも嫌なの!貴方なら普段から手作りしてるんでしょ?なら私のためにやってちょうだい!」

はあ~?!


もう目が点というか。
彼女寄りの知り合いは、
「こいつ可愛いでしょ?不器用だからやってあげてよ」とか言うし。

可愛くてモテるのは確かだけど、人を召使い扱いというか、自分を「女王様」か何かと勘違いしている。
勘違いして信者に無理難題吹っかけるのは構わないが、ほとんど面識のない相手にまで…。
ずうずうしいというか、きがくるっとる。

ちなみにちゃんと断りましたよ。
「そんなつまらないこと言ってないで課題をしっかりこなしてくださいね。貴方だけめちゃくちゃ遅れてますよ」と。
単位が絡むとさすがに黙ってくれました。