264 :
先週末に、後輩の結婚式に出席してきた。 
教会で挙式後、レストランウェディング。 
ケーキ入刀代わりに、スイカ入刀。 
乾杯は、シャンパンとかではなく瓶ラムネ。 

新郎新婦のお色直し中座後「お外へどうぞー」 
外に準備されていたのは、そうめん流し。 
そして、お色直しを済ませた新郎新婦登場。 
「ここで、新郎新婦よりそうめんサーブを!」と司会者。 
次々と、竹にそうめんを流し始める新郎新婦。 
しかも、そうめん流しを楽しんでもらえるようにとの「新郎新婦の配慮」で 
食事の品数は少なかった。 
デザートはスイカ。 
引出物は、ガラスの器と金魚(生きてるやつ) 

なんでも、昔読んだウェディング雑誌に「そうめん流し」が出てたそうだ。 
それを見て「夏らしくていいと思った。季節感を出したかった」らしい。 

265 :
>264 
金魚。 
新郎新婦は出席者がお盆時期に旅行に行くかもって考えなかったのかね。 

267 :
式場側も止めればいいのに。 
そうめんは痛いけど 
生き物をプレゼントって、、、。 
望んでるわけじゃない場合、披露宴じゃなくても迷惑なのに。 

269 :
いい年して生き物粗末にするって、ありえんな。