921 :
幼稚園からの幼馴染の披露宴に、新婦友人として参加してきた。 
新婦は4人兄弟の長女で両親が共働き。幼い頃から下の子の面倒を見て、 
親に甘えたくても「お姉ちゃんでしょ!」と子供らしく振舞うことを咎められ、 
小2くらいの頃から、末っ子の保育園迎えや炊事洗濯を課せられてきてた。 

小5でちょっと胸が膨らんできた頃から、母親が女としての敵対心?を持ち、 
女の子らしいことに興味を持つと全却下。色気づくな!と男物ばかり着せられ、 
それを下の子達にお下がりでまわしていた感じ。 
子供らしさを封じられ、女の子らしさを禁じられた新婦は、 
これまでの人生でためこんだもののはけ口を、披露宴で発散させた感じに。 

真っ白な壁やテーブルクロス(当然ものっそいフリフリ)なのを基調に、 
赤やピンクのバラ三昧、風船、いたるところにぬいぐるみ。それが過度にwww 
ドリームの集大成ここに!という感じの超メルヘン会場。 
もちろんドレスもピンクで、ウェディングドレス共に超フリフリの姫ドレス。 
各種入場や着席時には、必要以上のお姫様だっこや、新郎と手を繋いでたり。 
(ラブラブwでそうなっているというよりも、むしろ新婦が新郎に 
 おとーさん抱っこして~!という感じで新郎が抱っこしちゃうみたいな) 

新婦は小柄で色白でいつも笑顔でとっても愛らしい子だけど、 
どこか冷めてたり諦めてたり、人生疲れた感を時々ふと見せる子だったため、 
新婦友人テーブルは最初こそ「うわwwwすごい会場www」って苦笑だったけど 
最後のほうは、幸せそうな新婦の姿に号泣してしまった。 
新婦、初潮を迎えた時も母親にスルーされて、どうしていいかわからなくて、 
2人でうろたえてうちの母に助けを求めて、生理用品を買ってもらったほどで。 
ブラとかも当然買ってもらえず、そういうのはうちの母が新婦母に言って 
お金だけ預かって買い物に連れてってくれたたりとかしてたくらいで。 
そういうのとかも思い出してしまって、鼻水垂れて泣いてしまったwww 

ところが新郎側は、全く意味がわからず。 
デザートビュッフェなんかで遭遇した際、ちょっと避けられたりとか 
新婦友人何かあんの?みたいに言われてたのが、遠くから聞こえてきてた。 
私達のせいで、新郎側にはサムい披露宴になってしまったかもしれないorz 

922 :
これは何と言えばいいのか 

923 :
全体的に不愉快なのはナゼだろう。 

924 :
幼馴染で、色々苦労を知ってて、式の最後には号泣してたのに 
なぜかこのスレに報告してるからだと思う。 

925 :
号泣したので新郎側に誤解されちゃったからサムい披露宴になってしまったかも 

…ということでしょう。 
それにしても新婦両親がよくうるさく口出ししてこなかったね。 
ほとんど虐待してたようなものだったのに。 

927 :
>>921つづき 
テキストメモが飛んだ。スミマセン。 

新婦父は言っちゃ悪いが空気みたいな人だったけど、 
最後の手紙を読む時にちょっと目を潤ませていた感じだった。 
で、新婦母のほうは周りに挨拶をしにいくこともなければ、 
ずーっと座って黙々と食事をしていた。 
拍手も申し訳程度にするくらいで、シラーっとした感じで。 

一番最後、司会者がサプライズ演出みたいな感じで 
両家の母親に「新郎新婦にエールを!」みたいな感じでマイクを向けた。 
新郎母は無難な挨拶をしてたんだけど、 
新婦母がここでヒステリックに話し始めて、 
「これ見よがしにこんな飾りつけ!私に対するあてつけなの!? 
 それをアピールしたくてこんなに人を集めたんでしょ!?」と。 
あわてて新婦弟達が新婦母をひきずって出て行ったけど、 
会場内はもう、なんともいえない雰囲気になってしまって、気まずかった。 

新郎新婦の幸せを確認&お祝いするという、 
本来の披露宴の目的はきちんと達成されたんだけど、 
それ以外がなんか、サムくなってしまった・・・。 

928 :
不幸な結婚式向きの話だと思う。 
というか・・・完全な毒親だね。 
父親の連れ子とかじゃなくて? 

929 :
>>927 
>「これ見よがしにこんな飾りつけ!私に対するあてつけなの!? 
> それをアピールしたくてこんなに人を集めたんでしょ!?」と。 
ここまでハッチャケちゃえばどこに問題あるのかは一目瞭然だw