63 :
夫の職場の同僚から結婚式の招待状が届いたが 
うちの夫は「滝沢真(仮名)」なのに宛名が「瀧澤慎」になっていた。 
夫はもちろん「滝沢真」で出席ハガキを出し、 
職場で新郎に「宛名の漢字が間違ってた」と言ったのだが 
当日席次表も席札も「瀧澤慎」になっていた。 

そして、披露宴最中にお酌に行った際、新郎から 
「前から言いたかったんだけど、自分の名前くらい正しく書けよ。 
名前を略して書くなんて、親にもご先祖様にも失礼だ。 
自分の名前は大切にしろ」 
と、説教くらったそうだ。 
夫や他の同僚が「滝沢真が正しい」と説明したら 
「なんで教えてくれなかった!?」と逆切れしてたらしい。 

夫いわく「あいつは昔から思い込みが激しいし、人の話きかないから」 
と苦笑いしていたが、新婦からは平謝りされたそうだ。 

265 :
なんで本人のほうが間違ってるという発想になるんだろう。 

266 :
出席はがきに「実は滝沢真が正しい」と書いたほうがよかったんじゃない? 
人の話を聞かない人に口頭で伝える方が危険だと思う。 
口頭で聞いた事を新郎は忘れてしまってたんだろうね、大事なことなのに。 

でもさすがに「真」が「慎」になっているのはビックリだね。 

267 :
披露宴の招待状の返信ハガキに注意なんか書いたら 
書いた方が非常識って言われるわ。 

268 :
だよな。間違いはあるし、どんなけ恥かかせたいんだよw 
さらっと電話かメールか直接言えばいいじゃん 

269 :
直接さらっと言ったにもかかわらず、なんだろ