76 :
気分をかえてここで一つ 

友達の悲惨な新婦 
結婚式ひな壇でドレスの裾を仲人さんに椅子で踏まれたまま 
「ご起立ください」 

仲人、介添え人も裾に気づいてくれず、みんなの「さっさと立たんかヴォケ」の 
視線に耐え切れず僅かな幸運を祈りつつ勢いつけて新婦起立。 
結果 ズコーーーッ お見事でした。 
今では笑い話ですが。

77 :
「こける」というのはよくあるようだな。 
俺の友人の新婦の場合もそうだ。 
背が小さくて高下駄みたいな靴をはかされた新婦。 
ヴァージンロードの往路でこけ、復路でこけ、 
披露宴の新郎新婦入場でこけ、キャンドルサービスでこけ、 
果ては花束贈呈で舅姑のまん前でこけた。 
最初はくすくす笑ってた客も、もう笑えんようになってたな。