僕の居た高校では、夏休みに「生徒の自主性を云々」といった名目で 
全員強制参加の川原一泊キャンプ行事がありました。 
それはクラスを担任の采配で4班に分け、夕食(カレー)を作れ、と命じて川原で各班ごとにテントを張らせ 
「じゃ、後はおまい等好きにやれ」と教師は近隣のホテルへ。という現代では考えられないアバウトさ。 
で、教師が去った後に、クラスのリーダー格のチャラ男1が全員を集め宣言。 
「俺わぁこの班分けにぃナットクいってねーからw」と勝手に班を再構成。その結果 


1班:チャラ男1とその手下&取り巻きギャル's 
2、3班:普通の人々 
4班:僕を含んだキモオタ&ハブられ連中 

といった見事なスクールカースト構成に。 
「ちょwwww4班終わってなくねwww」「うわwwキモww臭ぇんですけどww」等の嘲笑の声を1班から浴びせられる中 
夕食の準備開始。で、ここからがネタっぽいけど本当の話。 


僕:息子のオタっぷりを心配した両親によって、小・中とカブ&ボーイスカウトに強制入隊。 
おかげで飯盒で飯を炊くなど造作も無い。その合間を使って食える山菜をゲット。 

B:僕の友人にして釣り&ミリオタ。「そっちは任した。俺は魚採ってくる」と上流に消えて小一時間後 
即席の釣竿で川魚十数匹を採って来たピザデブのBは、正直掘られても良いかもwと思ったほど輝いていた。 

C子:同じく4班の1人。父子家庭&兄弟多数ということで「ちょww貧乏キメェwwつか風呂入ってる?臭いくねww」と 
ギャル'sにバカにされてる彼女だが、その日は長女スキルを最大限に発揮し、残りの4班メンバーの尻を叩きつつ 
カレー&味噌汁を完成。ついでに山菜の素揚げ&サラダと、余った材料でデザートも作る。 

そして他の班が飯も炊けてない中、僕らの班だけがカレー、味噌汁、焼き川魚、山菜の素揚げ&サラダ、デザートの揚げ菓子というメニューで夕食。 
予定以上の豪華な夕食に盛り上がる僕等の班に、2・3班の連中が「・・・悪いけど、俺らにも飯の作り方教えてくれない?」と声をかけてきた。 
その結果、3つの班が合同しての飯作り&夕食会と大いに盛り上がったのだが 
ふと気が付くと、1班のチャラ男共がいつの間にか紛れ込んで食事。しかも他の班が各々仕事をした結果の食事会なのに 
何もしない1班共が一番デカい面して飯食ってる。流石にキレそうになった僕が、チャラ男1に詰めよろうとした時 
1班一行の足元に盛大に水がブチ撒き散られた。出元を見ると、怒りで真っ赤な顔したC子が 
空のバケツ持って、足元に水を満載した2つのバケツを置いて立っていた。

「ちょ・・・テメェ・・なにすんだよ!」とキレるチャラ男1に「うるさい!黙れ!」と一括。続けて 
「お前らふざけんな!散々あたし等バカにしてたくせに、何勝手にあたし等の作ったご飯食べてんだよ!チャラ男1!お前が今食ってる山菜は 
僕男君が採って来たんだぞ!チャラ男2・3!お前が今食ってるカレーは散々臭いとかバカした、あたしが作ったんだぞ!それとギャル1,2! 
お前らが食った魚は、お前らがキモいとかバカにしたB君が釣ってきてくれたんだぞ!ふざけんなバカヤロー!食いたきゃあたしらに謝れ!散々バカにしてたくせに図々しい! 
ウチの一番下の弟でもご飯くらい炊けるのに、何も出来ない役立たずのくせに!食いたかきゃ「何も出来ない俺らにご飯を恵んで下さい」って頭下げろ! 
それが出来ないなら、お前らに何も食べさせない!ここのあるご飯に全部水ぶっかかて台無しにしたやる!」と水の入ったバケツを構えて大声で叫んだ。 

「・・・は?バカじゃねーのコイツw 何ムキになってのw」とチャラ男1が周囲に同意を求めるも 
C子の主張に同意&その迫力に圧倒された1班以外全員の圧力に屈し「マヂ付き合えきれねー」と捨て台詞を残し、1班一行退散。 
それと同時に自然と全員からC子に拍手が。 
するとC子がその場で泣き崩れた。とっさに一番近くに居た僕が抱きしめて慰めた。 
その時不謹慎ながら「オウフww女子の身体柔らかいでゴザルww」とか思ったのは内緒。 
その後1班は空腹に耐え切れず、夜中に市内へ向け逃走&遭難というオチまでつけてくれました。 

で、あれから十数年、今の嫁がC子だったりする。まさかばっち&一人っ子だった僕が 
義理とはいえ、5名の弟&妹が出来るとは思いませんでした。