ウトが病気になったり、トメ怪我をしたり、コトメ夫が無断で会社辞めたり、 
コトメ流産したり、離婚騒動になったり、と 
なーんかもう不幸続きな奴ら。 
それをトメが「なんか悪い霊でもついてるのかしら!」と騒ぎだし、 
「きっと嫁子が持ってきたんだ!」とか言いだした。 
うざ~~と思って友人たちに愚痴ったら 
「嫁いびりしてるから悪霊が来るんじゃない?」なんて笑いだし、それから計画スタート。 
友人Aを霊媒師にしてみようって事になった。 


トメがまた「ああ~なんでこんな悪い事ばっかり続くんだろう…」と嘆く所に 
「実は私の友人なんですが、すごく「見える」人が居るんですよ… 
こんな事があって(Aと一緒にいた時に経験した不思議体験を語る) 
一度会ってみます?」と勧めた。 
最初は「バカバカしい」「ろくな友達いない」と怒っていたけど 
やっぱり不安なのか「ま、本業じゃないしどうでもいいけど」とか言いつつも会いたいと言ってきた。 
Aとは打ち合わせ済みで、色々な事をあらかじめ言っておく。 
そしてAと対面。 
トメは最初普通の外見のAを見て胡散臭そうな顔をしつつ 
「どんなもんだか知りませんけど~」なんて余裕こいてた。 

Aニッコリ笑って「最近色々な事があったらしいですね。」と話を始めた。 
トメ「ま、乗り越えられない事じゃあないけど。嫁がどうしてもって言うから来てみましたの」 
A「うーーーん…………」 
トメ「……な、何?」 
A「んー何か…四足の動物の…大きくない動物です…何か関わりました?」 
トメちょっと考えても中々思いつかない様子。 
でもちゃんと関わりがあるんですよ、2年くらい前、大トメが生まれた猫を川に捨てたから。 
これ、もちろん私が教えた事。


A「なんか、たくさん……うーーん」 
トメ「そんなん思い当たりませんよ」 
A「んー、そうですか?んじゃあ誰か近しい身内の方とか…」 
私「トメさん、もしかしてお婆ちゃん…猫を…」 
トメハッとしてこっち見てきたけど、言葉が続かない。 
私「実はね、トメさんのお母さんなんだけど……」 
A「んー、それかもしれませんね」 
トメ「で、でもあれはお婆ちゃんがやった事だし、私には関係ないでしょ?」 
A「そーですねぇ。低級霊って結構憑きやすい所に憑くみたいなんですよ。 
  だからお身内でもそういう事はあると聞いてます」 
トメ「ええーー?だって私関係ないのにーー!昔の事よー?」(←焦りまくりwww 
A「あんまり時間って関係ないですけどね」 
トメ黙りこむ。 
A「まず今まで頃した猫に対して心から反省してお詫びをして下さい。 
  それから生活を改める事、これが大事です。 
  霊に付け込まれないような生活をするんです」 
トメ「ぐ、具体的にどうすれば…」 
A「かんたんですよ。まず家を綺麗に。規則正しい生活をして、整理整頓、身につける物も清潔に。 
  汚い所や荒れた所には集まりやすいんです。 
  荒んだ生活は良くありません。」 
  「それから感情的にならず、心穏やかに。人に優しく、感謝をし、相手を思いやる。 
  妬み僻み憎しみみたいな負の感情は悪い物を呼びやすいんです」 
  「こういう事を気にとめて生活をしていれば問題はありません」 

大体こんな感じでうまーく話が進み、 
後はなんか塩を盛って~、とかお墓参りもちゃんとして~、とか適当にそれっぽい事を言っておく。 
トメ、何か動揺しつつも「ま、一応聞いておくわ!」って強がり言って帰って行った。 
ドアを閉め、トメの車が出て行くのを確認して大爆笑wwwwwwwww

それから1週間ほどして、義実家に行くと 
がらくただらけの汚屋敷が、スッキリと綺麗に整頓されおり、台所もピッカピカ!! 
「別にこの前の事気にしてやった訳じゃないわよ。 
お父さんが退院してくるのに家が汚かったら悪いから」と何か今でいうツンデレ?w 
私が呼ばれたのは天袋の整理。 
背の低いトメは届かないので頼まれた。 
魔窟と化していた下の押し入れもスッキリと。 

あれやこれやと片付けてあげていたら、 
「嫁子ちゃん、疲れたでしょう?ありがとうね。ちょっとお茶にしましょ」 
うわああ!ありがとうって言われた!!とちょっと興奮w 
初めて義実家で和菓子までもを頂き、何か落ち着かなかったw 
そして帰り際、「今日はわざわざ来てくれてありがとうね、これ持って行って」と 
賞味期限もすぎてない、しかもちゃんとおいしい物を!! 
フワフワ~っと帰って友人に連絡してまた大笑いw 

それからコトメも激変。 
最初は嫌々な感じだったけど、義実家でも家事をし、 
私だけでなくトメやウトにも「ありがとう」とお礼を言う。 
コトメ子の服も泥ハネや食べ物のシミの無い、清潔な服。靴下も綺麗で髪の毛もいいにおい! 
何か新鮮……w 

そしてコトメも家の掃除をした。 
手伝いに行ったら「子供居るんだからしょうがないじゃん」と放置していた洗濯物の山、 
だらしなく積み重ねた皿、ちらばるおもちゃなどが消えていた。 
3人で子供を見つつ、あちこち掃除して、最後にふすまと障子を張り替えて終了。 
空気キレイ~、爽やか~~。 
コトメ子も嬉しそうにふかふかの布団に埋もれ、帰って来たコトメ夫も大感激。 
もちろんお礼を言われて、お持たせまでもらった。

不思議な物で二人ともまるで「憑き物」wでも落ちた様な顔って感じになった。 
性格が穏やかになるにつれ、ギスギスした所が無くなったと言うか、 
丸くなったというか… 
そして自然とそれぞれの夫との仲も良くなり、家全体が何となく優しい感じに。 
家の空気ってやっぱり主婦が決めるよね。 
もちろん今はお互いいい距離を置いてのんびり暮らしてる。 
悪霊さん、ありがとう!!!! 

ハッピーエンドでおしまい。