既に解決済みで、一年ほど前の話になります。 

私と元夫は仕事の関係で知り合い、結婚しました。当時は東京住み。 
結婚2年目に元夫の転勤の為、私は仕事を辞め、某政令都市へ引越し。 
引越し先と元トメ宅(元夫実家)は同じ県内で、車で1時間ほどの距離。 


引っ越してからは専業だったんですが、子どもも居ないし、知り合いも居ないし 
ぶっちゃけ暇だったので、元の職種(薬剤師です)でパートとして勤め始めたのが半年後くらい。 
夫は3年ほど地方勤めをしたら東京に戻る事になっていたので、子どもはそれから、と考えていました。 
引っ越してからは、夫は月2~3回ペース、私は月1~2回は元トメ宅訪問をしてました。 
その頃の元トメとの関係は、特に悪くはなく、少なくとも嫌われてるという意識はなかったです。 
私自身、元トメを嫌いではありませんでした。 
たまに皮肉っぽい事は言われたけど、姑ってこんなもんかなと思っていたので。 

ただ、私が20代のうちに子どもを産んでおいた方が…とは言われていました。 
でもそのへんは適当に「そうですね~」くらいで流していました。 


引っ越して1年ちょい過ぎた頃、元夫の浮気が発覚しました。 

その少し前から、怪しいなと思う言動はあったんですが 
でも、浮気がはっきりしたのは、元トメからの電話でした。 
浮気相手は、元トメが元夫に引き合わせた女性で、その人が妊娠したという電話でした。 

その女性は元トメの教え子で、私が元トメ宅に行かなかった時に会わせたそうです。 
元トメは元々彼女と元夫を結婚させたいと思っていたとか。 
元トメは、息子が地元に帰り、お気に入りのお嬢さんと結婚して、同居して 
お嫁さんには専業になってもらって、たくさん子どもを産ませて…みたいな生活を夢見ていたそうです。


元トメ曰く 

・東京で一人暮らしをしながら学生生活を送った女は皆遊び人 
・息子はそんな世慣れた女に騙された可哀想な子 
・若いうちに子どもをたくさん産むのが常識なのに、産もうとしない女は○○家の嫁として失格 
・いつまでも仕事をしているのはおかしい 
・息子には○○家の嫁として相応しい人を準備した 
・その人が妊娠してくれたので、早く離婚して欲しい 

突然の事でその時はほぼ何も言い返せなかったのが今でも悔しい。 
とりあえず元夫に電話をして、彼女の名前(元トメが教えてくれた)を出して 
「話し合いたいから早く帰って来て」と。夫は久々に定時上がりで帰って来ました。 


元夫が言うには、浮気をしていたのは確かで、最初は本気で好きになりかけていた。 
でも頻繁に結婚を迫るような事を言われ、少々気持ちが冷めてきていた。 
妊娠したのは知らなかった。母が彼女との付き合いを知っているのも知らなかった。 
離婚はしたくない。彼女の妊娠はなんとかする。母親ともよく話し合う。等々。 

浮気をした元夫に対する嫌悪ももちろんありましたが 
自分のお気に入りの女性を、既婚の息子に紹介した元トメと 
妊娠を不倫相手の母親に伝える女性が物凄く気持ち悪かったです。 


その後、私・元夫・元トメ・浮気相手で話し合いをしました。 
その時点で私は離婚する気でした。だから彼らの言い分を聞く気はなく 
ただ、離婚に有利な証拠を少しでも多く集めたいとの思いで面会。 

元トメは先述の電話と似たような発言の繰り返し。 
その他、私の気に入らない点(言いがかりがほとんどでしたが)をまくしたてる。 
元夫は、私と話し合っていた時は、自分が悪いみたいな言い方だったのに 
浮気したのは悪かったけど、私が専業になって尽くしてくれないのも悪い、と。 
浮気相手の女性は、子どもには父親が必要、私なら○○家の良い嫁になれる、と主張。 
この話し合いは録音しました(姉のアドバイスです)。

その後、ネットで調べたり電話をかけたり無料相談に行ったりして 
弁護士を決め、夫・浮気相手からがっつり慰謝料をぶんどる算段をw 
夫は離婚を渋りましたが(意味わからん) 
離婚したい私と離婚させたい元トメの希望が一致した(?)のもあり 
相場よりちょい大目に慰謝料を取り、離婚成立。 

その後、浮気相手が妊娠したのは、元夫の子どもではなかった事が判明したのです。 
それが判明した経緯は知らないのですが、これまた元トメからの電話で教わりまして。 
(離婚後にケータイ替えたんですが、兄嫁が番号教えたらしい…) 


元トメ「~という事情で、離縁する事になったの。あなたとは色々あったけど、この際水に流して、息子とよりを戻しなさい」 
私「は?水に流すって、普通被害に遭った側が言う台詞ですよね?そちらが言うのはおかしいですよ」 
元トメ「ほら、そういう理屈を言うところが嫌なの。でも、息子はあなたがいいって言うからね」 
私「私は母親に紹介された女と浮気するような男も、既婚の息子に女を世話するような母親も嫌です」 

元トメ「そう意地にならないで。あなたも30間近で独身だと肩身が狭いでしょ?」 
私「あらあら、都会(笑)だとそんな事ないんですよ」 
(この発言は、離婚の話し合いの過程で、さんざん都会の女は駄目だ 
東京はキ○ガイが住む所だと言われたのがムカついていたので出てしまいました) 

元トメ「本当に意固地なんだから…(ため息)。あんな優しい子のどこが不満なの?」 
私「何もかもですけど、強いて言うならあなたのような常識もなければ頭も悪い母親がべったりひっついている所が一番嫌です」 


他にも色々ありましたが、とにかく二度と電話すんなと言って電話を切り 
離婚の際にお世話になった弁護士さんに相談して 
今後一切接触してくるなという通告を突きつけました。