義弟嫁から幼稚園のクラス役員の仕事を手伝えとメールと電話が何度も来るようになったのが今年の四月半ば。

義弟家の子供が通っている幼稚園は、わが子が卒園した幼稚園で子供が二人が在園した五年間で、私はクラス役員一回と本部役員一回している。

それを知っている義弟嫁は、今年の役員決めでなる人がいなくて一番最初のクラスの懇談会でもめにもめたときに

「私だって三人目の予定があるから役員は無理だけど、先生がお気の毒だからしかたないわね。」

とさんざん先生に恩を着せて一番最後にしぶしぶ引き受けたそうだよ。


でも実際は恩は着せたいけど仕事は、私にやれせればいいじゃんと思っていた模様。

三人目予定があるのも大嘘らしい。

「お菓子係になったから、子供の日として配るお菓子の袋詰めをしに4月○日に我が家に来て。」

と言うのが一番最初の依頼。


現在我が家が住んでいる土地と義弟一家の家は車で一時間はかかる。

義弟嫁は免許がないので、私が運転して義弟家に行き子供の日のイラストを書いて袋詰め用のお菓子に張り付けろって。

前一度しているから簡単でしょと言うが私はお菓子係したことないし、なんでして貰おうと思っているのにそんなに命令口調なんだよ。

呆れるばかりで

「往復二時間かけてしかも勤めまで休んで、そんなことしに行く必要性を感じません。」

って断ったらメールと電話の着信の嵐。

旦那に話して義弟に話してもらっても、全然効果なくしつこさはますばかり。

しつこくメール・電話する暇あったら専業主婦だし自分でやればいいのにと無視を決め込み着信拒否した。

そうしたら当時役員仲間で、今年下の子で本部役員している人から電話があった。

子供の日のお菓子はGW前に配るから、毎年業者任せでイラストも無償配布されているものをネットで拾って作っているのを

「そんなの手抜き。私がお菓子係になった以上そんな手抜きはできない。」

と言って業者手配をせずに、大量のお菓子と袋と紙を自分の家に持ち込んだそうだ。

でも幼稚園に持って行く日になっても、完成したお菓子詰め合わせを持ってこないので本部役員が義弟嫁に何度電話しても出ないので、家まで行ったら弟嫁が泣きながら袋詰めしていたそうだ。

言い訳は

「私さんがクラス役員の仕事を代わりにしてあげるから、クラス役員しなさいって言ったのに代わりにやってくれないからしかたなく自分がやっている。」

と言ったそうだよ。

結局本部役員からほかのクラス役員が総出で手伝ってなんとか袋詰めは間に合ったとか。


それでこの話は本当かと言う問い合わせだった。

全力で否定しておいた。

「そうだよね。車で一時間かかるところに引っ越したし、仕事も始めたと聞いたしおかしいとは思っていたのよ。」

とわかってくれた。

それ以来義弟嫁は役員会にも来なくて、次の七夕のお菓子配布の袋詰め手配もしてないので本部役員が変わって仕事をしているそうだよ。

このままクラス役員の仕事をしなかったら、夏休みに秋のバザーの準備があってそれが一番の負担なのでクラス役員の交代を園長に頼むそうだ。

まだひと悶着ありそうで嫌だな。