大学生のときに入院した時の話。

二人部屋だったんだけど隣のベッドは空いてたからラッキーと思ってた。

が、その日の夜に誰かが入院してきた。

夜中なのに付き添いの人と喋っているらしくすごく騒がしい。

は?なんだよ。もう少し静かに入ってこいよ……と思っていたら唐突に怒鳴り声がした。

どうやら若い兄ちゃんがおばちゃんをひき逃げしようとしたらしい。

まあ、思いとどまったらしくて一緒に病院までついてきたみたいだけど。

「本人を目の前にしてひき逃げの相談とかどういうことや!」

みたいなことを言ってた。

そこからはずっとおばちゃんとその家族のターン。

若い兄ちゃんはおばちゃんの家族にボロクソ言われてた。

カーテンで仕切られてたから何人いたのかは分からないけど、少なくとも三人以上はいたと思う。

全部女で、おばちゃんの娘なのかな?と思った。 


私は、ええーひき逃げしようとしたのこの兄ちゃん?何それ犯罪者やん怖っ!

とか思いながらヒヤヒヤしながら聞いてた。

興味深い話だったけど、入院の原因となったお腹は痛いし眠いしでぶっちゃけ寝たかった。

それなのに全然静かにならないから当然、寝不足。

次の日に注射されながら寝かけて看護師さんに怒られた。

しかし、若い兄ちゃんは人をひいてパニックになったんだろうなぁ。

本人を目の前にしてひき逃げの相談したらしいし。

夜の運転は注意しなくちゃいけないなと思った。