私もだけど、友人の方が修羅場だった話

大学生の頃、私の家で男女混合10人くらいで飲み会してた。

11時か12時になったくらいの時に、A(女、小柄)が朝にバイトがあるからと帰った。

ちなみにAの家は私の家から徒歩30分かかんないくらい。

その時は皆気をつけろよーくらいで気にしてなかったんだけど、やっぱり時間も時間だから送ってくると、B(男、草食系)が家を出ようとした。

この時点でAが出てから10分くらい経ってたと思う。

けど、C(男、チャラ男)とD(女、Cの彼女)が買い出しついでに送ってくると申し出た。

じゃあ頼むわーと言って2人にお願いした。

それから30分後くらいにDから電話がきた。

でもただ叫んだり、わめいたりしてて聞き取れなかった。

取りあえず、何か起こったことだけは分かったので動ける人だけでその場に向かった。

現場には倒れてるCと泣き叫ぶD、座り込むAがいた。

結論からいうとCがDの提案でAを襲って返り討ちにあったようだった。

普段からモテてるAが気に食わなかったD。

一人で帰るAをCに襲わせ、男に対してのトラウマを植え付けてやろうと考えたらしい。

けれど、いざ実行してみるとAはCを変質者だと思い。

後ろから抱きしめてきた相手の腕をつかんで頭突き→振り向きざまに蹴り→バッグで殴る→倒れたところに脇腹に蹴り

という容赦ない抵抗をしたらしい。

そのせいでC気絶。

驚いたのと腹が立ったのでDがAを突き飛ばし、泣きながら電話という流れらしい。

この後はもちろんのこと来ていた全員ドン引き。

警察に電話してCとDをお持ち帰りしていただいた。

警察が来るまでの間、暴れるDを抑えてるのが私にとって修羅場だった。

ひっかくし、叩くし、髪の毛引っ張るしでひどい目にあった。

でも、倒れてるCを見て、人間の鼻血ってこんなにでるもんなのかと妙に感心してしまった。


その後加害者であるCの怪我が思った以上にひどかったのと
(Cの怪我は全治三週間ほどで骨にひびが入ったり前歯が欠けたりと結構悲惨だったみたいです)
被害者加害者どっちも学生で、おまけに酔っていたので警察の方から厳重注意で終わりでした。

ただ、Dのふるった暴力で私が全治一週間程度の怪我とAが突き飛ばされたせいで足首に怪我をしてしまったのでDの親御さんから医療費と少しの慰謝料をいただきました。

この一件のせいでCはサークル仲間や同期の友人たち、先輩や教授に怒られたり距離を置かれたらしく、半年ほどしてから大学から消えました。

Dの方は本人は全く反省していなかったのですが、親御さんが大変ご立腹で無理やり大学を辞めさせ、地元に連れて帰ったそうです。

その後どうしているのかはわかりません。