ビジネスホテルに勤めていて仕事は夜勤が基本(話の本筋には無関係ですが)の生活をしている 

昨日の朝9時すぎに夜勤から帰ってくるとアパートの前に4tトラックが停まっていた 
どこかの部屋が引越しかと思いつつ2階の自分の部屋に上がると向かいの部屋がそれだった 
(ドアを開けたままにして室内でなにやら物音がしていた) 


向かいは20代半ばと思われる夫婦に2歳くらいの男の子と、この春に生まれた女の子の若い家族なんだが、ああ、これで子供の泣き声や奥方のヒステリックなわめき声に悩まされなくてすむなあ、と安堵した 

ざっとシャワーを浴びて発泡酒を飲んだりしてくつろいでいるとチャイムが連打されたのな 
なんだべと思って覗き穴から見てみると向かいの旦那であるらしい 
ドアを開けてみると、なにやら不機嫌そうな顔をしていて開口一番 
「ヒマなら手伝ってもらえないですかねえ?」とケンカ腰の口調 

は? 
見ると後には兄弟なのか友人なのか知らんが、見慣れない男が立っている 
向かいの旦那はさらに「人手足りなくて困ってんすけど」と言う 
なるほど、後の男だけが手伝いで、あとはいないってことなのか? 

知らんがな、業者たのむなりなんなりすればよかっただろう 
だいたい、それが人にものを頼む態度か? 

「夜勤から帰ったばかりで疲れてるから」と断ったら 
「かあっ、使えねえ!」って、あんたらの役に立ちたくて生きてるわけじゃないしなあ 

とりあえず、次に入る人が常識人でありますように