3泊の予定が取引先の不幸で急きょ戻ることに。 
家電かけるも妻が出ないんで(妻は屋年前のその頃携帯なかった)お土産持って帰宅。 
妻が飯作ってる最中で、どうも慌ててたけど特に何も思わなかった。 
で、いつものようにリビングで着替えてスーツを妻が片づけてる間に飯を見て違和感。 

なんで2人分あるんだろ? 
妻曰く「何となく帰ってくる気がして」うお、すげぇな、夫婦愛だなと思って飯食って風呂へいく途中。 
いつもなら飯風呂はそのまま直行なんだけど、2日間携帯の充電してなかったんで寝室の枕元の充電器で充電しようと寝室に入ったら、男が寝てた。 
思いっきり普通にイビキかいて。 

あれっイトコか弟が泊まりに来てたのかと思い静かにドアしめて妻に「誰が泊まりに来てるの?弟?」と聞くと妻はもうそこにいなかった。

それで申し訳ないなと思いつつ、寝ている人に声かけた。 
すみません、予定より早く帰宅していまして、お食事どうですか?と。 
男が起きるとイトコでも弟でもない若い男。 

ボケてる俺はそこでやっと気が付いた、妻の男だと^^; 
男は俺に気が付いて「お邪魔しました食事はいいです」とつぶやいて服を着て出て行った。 
妻はいない。 

結局ポカーンとしたまま数日後に妻の実家のある町から離婚届が届く。
電話したときは「娘はきていない」と言ったのに。 
どうしたものかと思い大学の友人で司法書士になったのがいたんで弁護士紹介してもらって相談。 
手付金の7万を払うためにATMいって給料口座の残高が2万になってるのに唖然。 
交通費の清算り口座から工面して手付は払って帰宅、ネットで口座見ると170万が数回に分けて妻の口座に。

妻をいくら探しても見つからず結局翌月になってから妻がクレカを使った店のある市役所やらから割り出されて妻の居場所が判明。 
男と住んでいたんで弁護士の間に入って貰い離婚手続き。 
離婚してやるかわりに財産は一切渡さない、相手の男には慰謝料100万を要求。 

ここまでは良かったんだが俺はそのあと入院した。 
あのときの男が俺のところへ来て玄関から引きずられて外階段から突き落とされた。 
これが修羅場。 
無言でだぜ。 
階段下りてくる男を見たときは殺されるとしか思えなかった。 
オマケに肩と鎖骨が折れてて目がくらむ痛さ。 
男は必死に見上げる俺を見て「階段から転げ落ちるなんて運がないですね」といって消えた。

一度殺されるかもと思うとまじで怖いんだ、あの男はやることはやると思った。 
それで結局慰謝料はとらなかった。 
妻からは財産は全部返してもらい、それで離婚を進めた。 
弁護士からは相手の男を訴えることが出来ると言われたけど仕返しが怖かった。 

ヘタレだと自分でも思ったけど、4年後くらいに久しぶりに会った友人から妻のその後を聞いた。
アイツはやっぱりまともじゃなかった。 
その筋の人だったそうで、俺の家を出て行ったあと妻は男に無理やり引っ越しさせられ、バーで働かされ、おまけに妊娠したのに下ろさせられ。 
言葉のDVもあったらしく自殺未遂するに至ってあの男は警察へつかまり妻は今実家にいるんだそうだ。 
妻にとっても修羅場だったと思う 

結局あの男とどこで知り合ったのか、なんで不倫したのか未だに俺は何も知らない。 
知らないけどあの男の怖さ、すごみ?みたいなのは体験しないとわからないと思う。 
普通ならためらうことを無言でやってのけるんだ。 

深夜にすまんね、今は独身貴族で楽しくやってるけど過去の修羅場でした。