渡る世間は修羅場だらけ



963 :
結婚式じゃなくて、二次会のお話でもよろしいでしょうか。 
酔った新郎の友人が、新郎が婚約中に浮気してた事を暴露しますた。 

新郎は3人と浮気したそうで、最悪な事にそのうちの一人は二次会の会場にいました。 
ちなみに、二次会に来た浮気相手は新郎の職場の同僚で、新郎を本気で好きに 
しまったらしく、気持ちに踏ん切りをつける為に敢えて出席したようでした。 
そして彼女はその事を、例の酔った新郎友人に相談していたみたいです。 
その相談が悲劇を引き起こしたのです。 

【新郎が婚約中に浮気】の続きを読む


949 :
「結婚したい人がいるの」と母に打ち明けた所、相手の名前も聞かず猛反対。 
父のとりなしでようやく彼のプロフィールを説明させてもらうも母は終始沈黙。 
それから1週間、まあ子離れしない人だけど、ゆっくり説得すればと思った矢先、 
母から電話が・・・ 
「あんたの相手のその男の出身大学とやらに問い合わせの電話かけたわよ。 
 確かに卒業生ではあるみたいね。でもそれだけじゃ信用できないからね。」 
って、オカアタン・・・ 

半年後くらいにここに自分の結婚式を紹介することになるかもしれません。 
私が書かなくとも、彼側の出席者の誰かが書き込んでくれることでしょう。鬱。 

【相手の名前も聞かず】の続きを読む


923 :
さっそくですが、先日出席した高校時代の友人の結婚式。 
友人(新婦)が仕事の関係で上京してから疎遠になっていたけど 
高校時代つるんでいた他3人と一緒に招待された。 
新郎新婦はネットで知り合ったということで、その関係の 
チャット仲間が多数「友人」として招待されていた。 
それはいい。だが、その服装が凄まじかった。 

【チャット仲間が多数】の続きを読む


843 :
目撃しました、喜びにちっとも満ちていない結婚式。 
いや、ビデオで見せてもらったのですが・・・ 
花嫁40歳、花婿42歳の見合い結婚。しかし花嫁は 
そのトシにしてなお、本当は結婚したくなかった 
らしいのですが、花嫁の母の強引な説得と将来の 
不安から、最後に妥協し話を飲んだ結婚だったとこ 
こと。
【喜びにちっとも満ちていない】の続きを読む


807 :
職場の人から聞いた不幸な結婚式のお話。 

ロシアがまだソ連だった頃のお話。新郎は超エリート官僚。新婦はお嬢様。 
だれもがうらやむお式だと思われたのですが主賓(上司)がスピーチで爆弾発言。 
「新郎君は来月シベリアへの栄転が決まりまして。ご夫婦で頑張って下さい」 
当時のソ連と言えば今の北朝鮮と同じようなイメージ。しかもシベリア。 
おまけにこの栄転(?)話、まだ内内示の状態で新郎自身も知らなかった話。 
おめでたい披露宴で突然そんな話を聞かされてしまい、わっと泣き出す新婦。 
呆然とする新郎。 
結局新婦はシベリアにいかないまま、離婚したらしい。 


【新郎君は来月シベリアへ】の続きを読む


793 :
先日ケコーンした友人の披露宴での出来事! 
「新婦の大好きな歌です!」と紹介する司会者の声にあわせ、 
しっとりしたバラード(英語Ver)に乗って新郎新婦が登場! 
笑顔を振りまく新婦のバックで流れている歌詞を訳したらビクーリ! 
「私はあなたの思うような女じゃないわ♪」 
「初めから解かっていたの。あなたは本当の私を知らない・・・♪」 
「いつか笑顔でサヨナラが言えるその日まで♪♪」 
英語を解かる人が居ないことを祈りました。。 

【新婦の大好きな歌】の続きを読む


777 :
そういえば最近幸せそうな結婚式が少ない。 
新郎新婦のどちらか一方、あるいは両方がイヤイヤってのが多い気がする。 
スマイルスマイル 

778 :
私も、「そんな顔しているのなら、ご祝儀返せ!」って思ったことがある! 
結局、式場から別々に帰り、そのまま同居することなく離婚…。 



【最近幸せそうな結婚式が少ない】の続きを読む

このページのトップヘ